妊娠中絶と慰謝料について

※中絶関係のご相談は、北海道内在住の方に限らせて頂きます。何卒、ご了承ください。

当事務所では、中絶に関する費用や慰謝料の請求(内容証明の作成)や、中絶に関する契約書の作成を行っています。

中絶と慰謝料の基本

基本的には慰謝料は請求できない

妊娠し、中絶する場合は、女性に大きな負担がかかります。このため、女性が男性に対して、慰謝料を請求したい、と考えることがあります。

しかし、残念なことに、基本的には男性が慰謝料を支払う義務はないとされています。

例外的に、男性が不誠実な場合には請求できる

しかし、絶対に請求できないわけではありません。男性が、中絶に協力せず、費用を負担しないなど不誠実な行動を繰り返した場合は、慰謝料の支払いを認めた判例もあります。まずは、専門家にご相談されることをオススメします。

請求できるのは費用の半分

また、手術費用も、男性と女性で、半分ずつの負担の義務と考えられています。しかし、実際には、男性が全額を支払うケースも多いようです。

手術当日、仕事を休んだ給料も請求できる

費用は、手術当日や通院のため、会社やアルバイトを休んだ分の給料の半分も請求できます。その他に、病院までの交通費なども請求できます。

後遺症の治療費も請求できる

あまり多いことではありませんが、中絶により後遺症が残ったり、精神的なストレスにより心療内科に通ったり、その後の加療が必要な場合もあります。こうした費用の一部も請求できます。

認知は出産前からでも可能

もし、結婚していない状態で、産むか産まないかで迷っている場合は、出産前の認知がオススメです。

当事務所が出来ることは2つ

早く請求するか、約束することが重要

当事務所には、中絶に関する様々なご相談があります。その多くは、男性がお金を払わない、連絡が取れない、妊娠が進んでから堕ろして欲しいなど、男性の不誠実な対応に関するものです。

中絶は、時間が進むほど、肉体的、精神的なダメージが大きくなります。あとで後悔しないように、出来るだけ早く、費用の請求や、これからの約束をすることをオススメします。

当事務所では、費用や慰謝料の請求と、中絶に関する契約書の作成を行っています。

請求できるものは、しっかり請求しよう

手術費用だけでなく、仕事を休んだ補償、交通費、通院費など、請求できるお金は、すべて請求することをオススメします。下に書きましたが、中絶に関して、間違った認識であることが多いので、しっかり判例などの根拠を示して請求するよう、専門家にご相談されることをオススメします。

契約書を残そう

中絶に関するトラブルは、本当に多くあります。女性は精神的にも、肉体的にも、経済的にも、とても苦労することがあります。

・中絶による精神的、肉体的な原因により、仕事を辞めることになった

・手術代金は必ず払うと言っていたのに、手術後に連絡が取れなくなった

というような相談は珍しくありません。こうしたトラブルに備えて、しっかりとした契約書を残すことがオススメです。メールやLINEだけでなく、会話も録音するなどして、証拠を残すことをオススメします。

費用

相談はすべて無料です。LINEで24時間、受け付けています。支払いは分割払いや後払いもOKです。

費用や慰謝料の請求

着手金が5千円(税別)と成功報酬が15%です。

もし、相手に無視されたり、お金が受け取れなかった場合は、成功報酬はゼロ円です。つまり、最悪でも、5千円と消費税しか損をしない、ということです。

契約書の作成

3万円(税別)です。

修正料や相談料などは一切、不要です。内容を追加した場合でも、この金額以外は一切、かかりません。

よくある相談や質問

彼と連絡が取れなくなった

妊娠を伝えると、彼と連絡が取れなくなった、連絡が取れても会えない、忙しいから、という場合。とても不安になります。怒りや悲しみもあります。ただ、電話番号や職場が分かっている場合は、あとから費用を請求することはほぼ可能です。まずは自分の体調と、手術のことを優先した方が良いでしょう。

彼の住所や名前を知らない

ナンパや旅先で出会ったなど、フルネームを知らない、詳しい住所を知らない、というケースも珍しくありません。せめて携帯電話の番号が分かれば、弁護士照会ということで、住所などを知ることが可能です。弁護士さんに依頼することが条件となりますが、泣き寝入りよりは良いと思います。

俺の子供か分からないと言われた

これもよくある話です。通常は妊娠中にDNA鑑定などは困難です。生まれてから鑑定しても手遅れです。基本的に、女性が、その男性の子供であるか証明する必要はありません。関係を持った事実があれば、仮に女性がたくさんの男性と関係を持っていたとしても、全員に費用を請求できます。もしも、男性が費用を負担した場合、その費用の一部を他の男性に請求することができます。簡単に言うと、「関係を持ち、女性が妊娠した以上、仮に他の父親候補がいようと、少なくとも半額は費用を負担する義務がある」ということです。

避妊したから俺の子供じゃないと言われた

避妊は絶対ではありません。本当に避妊していたか、していなかったかを後から証明することは困難です。基本的には関係を持った以上、支払義務はあるとされています。

行為中に産んで欲しいと言われたが

男性から子供を産んで欲しいと言われ、避妊せずに関係を持ち、妊娠したが、その後、やっぱり中絶して欲しいと言われた場合。とても難しい相談です。女性にとって、とても辛い選択を迫られます。これは男性が責任を取るべきだと思います。生んで養育費を支払うのか、中絶して慰謝料等を支払うのかです。責任も取らない、慰謝料も払いたくない、とはなりません。ただ、そんなことは言ってない、ということも。

費用を全額払うと言われていたが(肩代わりしたが)

妊娠を伝え、男性が費用を全額出すと約束して中絶手術を選択したが、男性がお金がない、忙しいなどを理由に女性が費用を肩代わりし、その後、男性が費用を払わない場合。このケースはとても多く、悪質です。男性としては、生まれることが一番避けたい自体なので、手術までは都合の良いことを言い、女性が急いでいる状態につけこみ、女性の費用で手術をし、その後、逃げる人がいます。こうなった場合は、遅延損害金も含めて辛抱強く請求することになりますが、この状態にしないように準備することが大切です。もしもの場合に備えて、会話を録音するなども有効です。

別れたくないから強く言えない

妊娠し、事情により中絶手術をすることになったが、彼に嫌われたくないので、費用の請求ができない場合。費用を請求するかは、女性次第です。もし、請求しない場合、今後の約束する契約書の作成をオススメします。具体的には、結婚の約束をする、いつまでに結婚する、結婚しない場合は違約金を支払うなどです。

結婚すると約束したから妊娠したのに

これは結婚の約束が婚約にあたるのか、にも大きく影響します。ただ、結婚の約束をして、女性が妊娠しているにも関わらず、別れたい、堕ろして欲しいという男性は、かなり厳しいです。仮に慰謝料の支払義務があっても、払わない、払えないという可能性も高いでしょう。お近くの弁護士など、専門家にご相談されることをオススメします。

中絶の費用が無くて困っている

男性との関係はさておき、中絶の費用がなくて困っている、という女性が多くいます。親に話したくない、誰にも借りることができない、けど、時間がないので、とにかく焦っている、というケースです。ネットで検索すれば、カードローンやキャッシングの案内が出てきます。分割払いや中期中絶の手当などの説明もあるかもしれません。

答えになっていませんが、まずはご自身の身体を一番にお考えくださいね。。そして、怒られるとしても、親に相談することをオススメします。男性の言葉を信じ、お金を待ち、手術の決断を先送りにすることはオススメしません。

中絶の手術の同意書にサインしないと言われた

とても辛く、悲しい相談です。まずは病院に相談することをオススメします。相手と連絡が取れない、誰か分からないなども含めて、アドバイスが貰えるはずです。

不倫相手の子供を妊娠してしまった

これも多い相談です。独身女性が、既婚男性の子供を妊娠してしまった場合、自分が相手の奥様から慰謝料を請求されてしまう立場のため、強く出られないという懸念があります。通常であれば、男性も奥様に知られたくないため、ちゃんと対応することが多いですが、例外もいます。

また、既婚男性が離婚して、再婚してくれるいう約束が果たされない中での妊娠などは、婚約破棄ではありませんが、同じように慰謝料が請求したくなることもあります。

依頼できない場合はありますか?

最初から訴訟が目的の場合、すでに揉めている場合などは、弁護士さんにご相談ください。

お問い合わせ

相談はすべて無料です。LINEから、お気軽にご相談くださいね。