札幌で子供の幸せを最優先に考える離婚相談

※ゴールデンウィーク中もメールやLINEのご相談は受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいね。

行政書士札幌中央法務事務所では、『子供の幸せを最優先に考える離婚をテーマに、お子様が安心して成長するための書類(離婚協議書や公正証書案)の作成をサポートしています。

円満に、できるだけ早く、費用をかけずに離婚したい方にオススメです。

【特徴】

養育費進学費用しっかり受け取るための離婚協議書が作成できる。

子ども手当児童扶養手当)や慰謝料財産分与マイホームの相談もできる。

LINE相談やメール相談は何度でも無料。24時間受付。初回面談(2時間)も無料。

※離婚したくないというご相談は【夫婦関係修復カウンセリング

離婚相談

養育費

養育費は金額だけではなく、最後までしっかり受け取るための約束が必要です。大学卒業時まで支払うのか、どんな方法で支払うのか、再婚したらどうなるか、なども重要です。ボーナスで支払う、年齢と共に増やす、などの約束をされる方もいます。また、払われなくなった場合になにができるかも知っておきましょう。新算定表についてもご紹介しています。

進学費用

将来、お子様が安心して進路を選べるための進学費用についても決めましょう。進学するときに話し合う、という例もありますが、それでは手遅れです。学資保険に加入するなど、貯め方も大切です。

面会

面会を続けることは、養育費など金銭面の安心にもつながります。安心して面会するためには、ルールが必要です。祖父母との関係、入学式や運動会のイベント、プレゼントの約束も大切です。会わせたくない、会いたくないというご相談も。

財産分与

財産分与は共有の貯金だけでなく、結婚前の貯金、子供の学資保険や生命保険、子どもの児童手当を貯めていた、など、いろいろと気になることがあると思います。夫にお金を貸した、家の頭金を自分の親が出した、などの相談も多くあります。

慰謝料

慰謝料がどんなときに発生するか、ご自身で判断することは難しいと思います。また、慰謝料は一括で払えないことがほとんどです。分割で払う場合には書類で約束しましょう。

※浮気が原因で離婚する場合、浮気相手への慰謝料請求(内容証明の作成)は着手金無料でご依頼いただけます。詳しくはこちら

マイホームのローン

子供の学区を変えたくない。このまま夫名義の家に住み続けたいがローンが残っている。ローンの連帯保証人から外れたい。売りたい。などもご相談頂けます。住宅ローンアドバイザーの資格も保有しています。

離婚協議書、公正証書とは?

相談無料

離婚協議書とは、「養育費をいくら、いつまで支払うのか」「お子様との面会の頻度や注意事項」や、財産分与、慰謝料など、離婚後の約束をまとめた書類です。公正証書とは、こうした内容を公証役場という場所で作成した書類です。離婚協議書や公正証書は、離婚後でも作成できます。ほとんどの方は初めての経験ですので、面談では実際に書類を見ていただきながらご説明しております。

弁護士さんとなにが違うの?

行政書士は弁護士さんと違い、相手の説得や交渉、調停や裁判のアドバイスなどはできません。離婚協議書などの書類作成とその相談のみです。その分、費用がとても安いのです。

※離婚に詳しい良心的な札幌の弁護士さんをご紹介できます。もし、当事務所でお役に立てない場合は無料でご紹介しますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

費用が不安な方にオススメ

子供がいない離婚協議書の作成は3万円(税別)、子供がいる離婚協議書は5万円(税別)です。当事務所の費用には相談料、修正料などがすべて含まれており、他の料金は一切、かかりません。また、すべて後払い、分割払いが可能です。成功報酬などは一切、発生しませんので、ご安心ください。(法テラスなどは養育費の一部にも成功報酬として請求されます…)

円満に離婚したい人にオススメ

離婚の際、何ヶ月、何年と争い、無駄なお金や時間をかけるケースがありますが、とても大変です。円満な離婚をすることはお子様にとって、経済的にも、心情的にも、メリットが多くあります。重要なことは、離婚することではなく、離婚後に幸せになることです。離婚で争いたくない人にオススメです。

できるだけ早く離婚したい方にオススメ

当事務所では、初回相談時におおまかな案を作成し、お渡しすることも可能です。何度も面談に来て頂く必要はありません。当日の面談予約もOKです。最初のご連絡から1週間で公正証書を作成された方もいます。

はじめての方でも安心です

行政書士などに相談することは初めての経験で、なにを相談していいのか不安もあると思います。当事務所では、初めての方でも安心して相談できます。事前に離婚のことを勉強する必要はありません。分からないこと、不安なことは、なんでも聞いてくださいね。他の事務所様との比較のための面談も歓迎です。

こんなときにご相談ください

いつ、どんなタイミングで相談していいか難しいと思います。こんなときにご相談ください。

・離婚する、と決めたとき

・夫や妻から離婚して欲しいと言われたとき

・別居するとき、実家に帰るとき

・離婚届にサインする前、出す前

・書類を作成するとき

※養育費や慰謝料について決まっていなくてもご相談頂けます。

※別居中の生活費(婚姻費用)などについてもご相談頂けます。

スッキリしませんか?

気づけばスマホで離婚のことを調べていませんか?弁護士さんのサイト、離婚した人のブログ、知恵袋など…。ただ、どれだけ調べても、これから何をすれば良いか分からないという方がたくさんいます。

おそらく、当事務所にご相談頂ければ、ほとんどの疑問は解消できます。事務所にお越し頂いての面談も、LINEでの相談もすべて無料です。まずは、こちらの【LINE相談】のページから、お問い合わせ方法をご確認くださいね。きっと、スッキリするはずです。

手当や支援制度もご紹介しています

子ども手当

離婚はやはり、経済的にとても不安があると思います。離婚後にどんな手当(お金)が受け取れるの?どんな手続きをしなければならないの?などもご紹介しております。ここでも少しだけご紹介します。

児童扶養手当

児童扶養手当(母子手当)とは、シングルマザーなどが受け取れる、返さなくていいお金です。お子様がひとりの場合、最大で月額4万2500円が受け取れます。もちろん、現在と同様に児童手当(1万円~1万5千円)も受け取れます。ただし、母親の収入(所得)や実家に住んでいるか、などにも関係するので、注意が必要です。

就学援助

札幌市では、小学生や中学生のお子様がいる母子(父子)家庭に児童扶養手当以外にも援助があります。

・新入学児童生徒学用品費(入学時)

小学校入学者:4万600円

中学校入学者:4万7400円

・学用品費等(進級時)

小学校1年生:1万2990円/年

小学校1年生以外:1万5220円/年

中学校1年生:2万4590円/年

中学校1年生以外:2万6820円/年

その他、給食費がタダになったり、修学旅行の代金が援助されたり、スキー用具が貰えたり、いろいろあります。

※すべて平成30年現在の札幌市の情報。所得制限もあります。詳しくはこちら

専門学校に通うと月額10万円が貰える

看護師、保育士、理学療法士、歯科衛生士、美容師など、25資格を対象に、専門学校に通うと、毎月最大で10万円が貰える制度があります。

高等職業訓練促進給付金事業(ひとり親家庭自立支援給付金事業)

詳しくはこちら

離婚後の生活が大切

離婚を考えるときに大切なことは、これからの生活を出来るだけ具体的にイメージすることです。別居中に生活費が貰えるのか、いつ離婚できるのか。離婚後はどこに住む(実家で暮らす、アパートを借りる、公営住宅を申し込む)のか、養育費や手当がいくら貰えて、生活できるのか、などです。離婚届を出すタイミングも重要です。分からないことは、なんでも聞いてくださいね。

自己紹介

行政書士の久保と申します。当事務所ではこれまで、離婚に関するたくさんのご相談を受けてきました。その中には、離婚したあとに養育費が払われなくなった、お金がないから進学費用は出さないと言われた、子供と面会させてくれなくなった、など、辛いご相談も多くありました。

養育費や進学費用、面会は子供にとって、とても大切なものです。離婚後に悲しいことにならないよう、子供の幸せのために、事前にしっかりと約束を決めること(=書類を作成すること)をご提案しています。私も親として、少しでも困っている方のお役に立てれば幸いです。

養育費が心配なお母さんへ

養育費や進学費用など、お子様の成長のために経済的な不安がある方は多いと思います。その他、保育園や働き方、離婚後の手続きやお子様への精神的な影響など、分からないことがたくさんです。当事務所では、法律のことだけでなく、さまざまな不安についてご相談いただけます。”なにも分からない”や”とにかく不安”という方でも、遠慮せずにご相談頂けます。

面会や養育費が心配なお父さんへ

父親の最大の不安は、離れて暮らす子供との面会についてです。離婚後に会えなくなることのないよう、しっかりと、母親も安心できる約束をすることが大切です。クリスマスや子供の誕生に会いたいなど、子供を大切に思う父親からの相談が多くあります。

その他、養育費が本当に子供のために使われるようにしたい、再婚した場合や収入が減った場合の養育費に関してなど、父親の立場でも安心できる書類が作成できます。

お子様のいない離婚も

もちろん、お子様がいないご夫婦の離婚や、子供が成人しているご夫婦の離婚についても対応しております。

事務所のご紹介

初回相談無料

相談は何度でも、すべて無料

LINEやメールでの相談はすべて、何度でも、無料です。24時間365日、いつでもお問い合わせいただけます。どんなことでも、お気軽にご相談くださいね。

初回面談はたっぷり2時間無料

書類作成に関する初回の面談は2時間までで、もちろん無料です。専門家への離婚相談は、初めてで緊張されるかもしれません。自分の気持ちや考えがまとまっていなくて、なにを相談すれば良いか分からないことも。それでも大丈夫。ゆっくり話せるように、たっぷり2時間までとなっています。スラスラ話せなくても、大丈夫です。30分や1時間の面談では十分に話せなかった、という方にも好評です。もちろん、なにもご依頼されなくても、相談は無料です。

ちなみに面談は、ドラマのようにスーツ姿の複数人と向かい合う、というものではありません。リラックスしてお話しできるように、こちらもスーツは着用していませんし、オッサンがひとりだけです。

プライバシーを守ります

相談していることを誰にも知られたくない、という場合もあります。当事務所は完全予約制なので他の相談者様と会うことはほぼありません。また総合オフィスのため、行政書士事務所に入ったことも分かりません。もちろん守秘義務があります。

※離婚の相談もおひとりで大丈夫です。夫婦で来る必要はありません。

住所や電話番号は聞きません

ご主人や奥様に、専門家に離婚の相談をしていることを知られたくない、という方も珍しくありません。当事務所では、LINE相談や面談の際に氏名や住所、電話番号などは一切、伺いません。このため、こちらからご自宅に連絡したり、郵送したりは一切ありませんのでご安心くださいね。

※面談にお越し頂く場合、名字だけ教えていただきます

※ご依頼頂いた場合、行政書士法に従って住所と氏名をお伺いします

決める前に相談してください

可能であれば、養育費などの金額を夫婦で話し合う前にご相談くださいね。一度、決めてしまうと、それが算定表よりも安い金額でも、変更するのが大変です。離婚が決まったら、すぐに相談する、くらいがオススメです。

取扱業務

当事務所は、札幌市中央区にある行政書士事務所です。離婚協議書(3万円~)、内容証明(5千円~)、示談書や和解書(2万円~)の作成などを中心に取り扱っています。

料金表

項目 代金
離婚協議書(子供なし) 3万円
離婚協議書(子供あり) 5万円
離婚公正証書案(子供なし) 6万円
離婚公正証書案(子供あり) 8万円
内容証明作成 5千円~
示談書、和解書 2万円

※すべて税別です。書類作成の場合は、相談料などは一切、不要です。総額表示です。

着手金は3万円のみです

せっかく書類作成をご依頼されても、ご主人や奥様がサインしてくれなかった場合や調停に進む場合など、書類がムダになる可能性もあります。それで全額をいただくのは心苦しいので、着手金を3万円とし、公正証書が無事に完成したら合計で8万円、という料金プラン(子どもがいる場合)になっています。

営業日・営業時間

面談時間は午前10時から午後8時までです。

※メールやLINE相談は24時間365日受付しています。

土曜、日曜、祝日も営業しています。休みは水曜日です。

※面談は完全予約制。当日予約もOKです。

地図・アクセス

事務所住所:札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3

代表者氏名:行政書士 久保圭一郎

所属会:北海道行政書士会(札幌支部)

事務所電話番号:011-600-2220

地図

JR 札幌駅まで徒歩8分。

地下鉄 さっぽろ駅まで徒歩6分。

地下鉄 大通駅まで徒歩8分。

市電 西8丁目駅まで徒歩9分。

※当事務所は禁煙です。面談は、お子様とご一緒でも大丈夫です。

行政書士

エントランス

弁護士

面談用会議室

 ※同フロアに弁護士事務所様もあります。お間違いないようにお願い致します。

もっと離婚について詳しく知りたい

当事務所の離婚相談について、より詳しくは【離婚相談】をご覧くださいね。ご依頼の流れや離婚協議書についてなど、より詳しくご紹介しています。

行政書士札幌中央法務事務所