飲食店設立

札幌飲食店設立

飲食店が10年後も続く割合は10%未満

開業後、飲食店で

1年持つのは70%以下、

3年持つのは30%以下、

10年以上続けられるお店は10%以下、

と言われています。

この数字について、少し触れたいと思います。


札幌で飲食店を開業する前に知っておくべき20のこと

ちょっと長いのですが、順番に読んで貰えると分かりやすいと思います。

1.「超人気店」と「穴場の名店」はどっちが正解?

2.「今、繁盛するお店」が10年後も繁盛するとは限らない

3.札幌で飲食店を開業するには○○万円かかる

4.条件次第では、国や札幌市から資金援助して貰える

5.飲食店で黒字を計上しているのは全体の3割

6.アルバイトにも有給休暇がある

7.物件選びは難しい

8.内装のデザイン料っていくら必要?

9.一流のコピーライターが考えるメニューとは

10.口コミが重要!って本当?

11.北海道の旬の素材はリスキー

12.スタッフに求めるレベルと時給の関係

13.労働保険に入っていない経営者に、人を雇う資格はありません

14.お店は消費税をいつ、誰に払うのか

15.経営者にとっての経理とは

16.稀有な成功例だけを見ずに、失敗例から学んで欲しい

17.『若さ』はメリットだけではない

18.リスクを減らせば、別のリスクが増える

19.成功に終わりはない

20.行政書士に依頼する?

時間はいくらあっても足りない

上記の内容を知っていて開業する予定であれば、問題ないのかもしれません。

もし「知らなかった」「考えていなかった」方は、もう少しお付き合いください。

飲食店の経営者になるためには、医者や弁護士のように特別な資格は不要です。

開業するだけなら、誰だってできます。

しかし、実際に理想とする経営者になれるひとは、ほんのひと握りです。

「理想とする経営者」とは、どんな状態でしょうか。

ざっくり説明すると、「膨大な知識」が必要で、それを得るには

「ものすごく膨大な時間」が必要になります。

例えば、ものづくりの企業であれば、

収益などお金のことは「経理部」「財務部」

労働基準法や勤怠管理、採用のことは「人事部」「総務部」

商品の開発、企画に関しては「開発部」「企画部」「マーケティング部」

仕入、仕入先の管理、買付に関しては「調達部」

材料、商品の品質に関しては「品質管理部」

お店や商品のPRに関しては「広報部」

実際の商品の製造に関しては「製造部」「製造技術部」

商品の販売に関しては「営業部」

など、それぞれのスペシャリストがたくさん集まって仕事をしています。

極端にいうと、飲食店の経営者になるということは、

これらをほとんど一人、もしくは数人で行うということなのです。

どれかひとつの部門で考えても、一人前になるには数年から数十年かかります。

もちろん、これらの知識がなくても、成功した例はたくさんあるでしょう。

同じくらい、

・バイトだから有給はない、雇用保険なんて関係ない

・就業規則がない

という、場合によっては違法な状態、間違った認識のまま経営を続け、

知らぬまに従業員を苦しめている経営者もたくさんいます。

「知らない」とは、ときに「悪」となります。

そんな経営者にならないでください。

悩み

当事務所にできること

前置きがすごく長くなってしまいましたが、簡単に言うと、

「ぜんぶひとりでやるのは難しい」ということです。

そこで、税金や経営のことなら「税理士」さん、

労務や就業規則のことなら「社会労務士」さんなど、

専門の資格と知識を持ったプロの出番となるわけです。

もちろん、相談だけであれば、「中小企業支援センター」のように、

公的な機関も無料で丁寧に教えてくれるでしょう。

「税務署」や「ハローワーク」についても、積極的に活用するといいでしょう。

「行政書士」にできることは、飲食店を開業する際の、各種申請書の作成です。

飲食店を開くためには、「営業許可申請書」「食品衛生責任者設置届」などに記入し、

保健所へ提出する必要があります。

このために、何度も保健所に出向いたり、説明を聞いたり理解する必要がでてきます。

消防署、警察署、ハローワークへ行く必要もあるかもしれません。

これらの申請から許可が下りるまでの期間を知らないと、予定通りにオープンできなくなる

可能性があります。

※物件が決まらないと申請書は作れないため、早すぎてもダメなのです。

財務や労務と違い、開業の手続きはほとんどの場合、1度しか行わないため、

あまり覚える必要性が高いとは言えません。

その時間があったら、もっと有効に利用できるはずです。

当事務所では、「10万円」で基本的な申請書をすべて代行作成、提出いたします。

※札幌市中央区以外の場合、交通費など諸経費が発生する場合があります。

まずは無料ですので、お気軽にご相談ください。

当事務所の願い

「オーナーになりたい!」という夢のお手伝いができることは、当事務所にとって

とても嬉しいことです。

飲食店が増えると、雇用が増え、経済が発展し、きっと札幌が、北海道が元気になります。

素敵なお店が増えると、きっと街が明るくなります。

そのお手伝いができれば、幸いです。

お役に

TOPへTOPへ