離婚相談

離婚は不安がいっぱい…

『離婚して、養育費はちゃんと貰えるの?』

『離婚を考えているけど、なんの準備をするべき?』

『離婚のこと、誰に相談したらいいの?』

とにかく、不安でいっぱい…という状態ではありませんか?

でも、安心してください。当事務所は、『なにから始めていいか、まったく分からない』という方のために、分かりやすく、サポートしています。ちょっと長くなりますが、読んでいただけると幸いです。

離婚×行政書士の関係

当事務所は、「行政書士事務所」です。

行政書士は、養育費、財産分与、慰謝料、子供と父親(母親)の面会に関するルールなどをまとめた「離婚協議書」という書類を作成することができます。

ただ、行政書士は裁判や調停などのアドバイスはできません。その代わり、費用がとても安いのが特徴です。安く、早く、円満に離婚したい方にオススメです。

当事務所の特徴

当事務所は、『子供の幸せを最優先に考える離婚』をテーマに、離婚後も、お子様が養育費や進学費用で困らないような『円満な離婚協議書の作成』を得意にしています。

また、子供の名字、転校、引越し、保育園、離婚届、児童扶養手当のことなど、離婚後の生活や手続きについてもご相談いただけます。

※親権で争いがある場合や裁判をお考えの場合などは、離婚に詳しい弁護士事務所さまをご紹介しています。もちろん、紹介料などは不要です。どこに相談していいか分からない場合でも、お気軽にご相談ください。

ご相談は初回相談(2時間)が無料で、メールやLINEでのご相談も何度でも無料です。ールやLINEでのご相談は24時間、受け付けております。

こんな質問でいいの?と心配することはありませんので、お気軽にご相談くださいね。特に、「面談は緊張する…」「子供が小さいので、面談に行けない…」などの方は、まずはメールやLINEでお悩みを教えてください。

離婚×子供のしあわせ

当事務所でご提案している『子供の幸せを最優先に考えた離婚』についてご説明します。

養育費を受け取っている母子家庭は、20%未満しかいない

子供と面会交流しない父親は、養育費の不払いが多い

母子家庭の平均年収は、一般家庭の平均年収よりかなり低い

母子家庭の子供は、一般家庭の子供より大学進学率がかなり低い

などの、調査結果があります。

統計から考えると、離婚によるお子様への影響は計り知れません。ただ、離婚に反対しているわけではありません。離婚しても、お子様が不自由なく成長するための養育費をしっかり受け取り、大学などへ進学の際は、父親のサポートを受けられるようにして欲しいのです。

具体的には

養育費は金額だけではなく、いつまで、どうやって、受け取るのか?

進学費用は、養育費とは別に、どう約束するのか?

・面会でトラブルが起きないように、どういうルールが必要か?

など、お子様が経済的に困らないような、様々なご提案が可能です。離婚協議書は、あとで後悔しないためにも、お子さんにとって、とても重要です。

もちろん、お子様のいないご夫婦の離婚もお任せください。

子供のいない夫婦の離婚協議書

※子供がいなくても、離婚協議書を残すことはとても重要です。

 

離婚協議書ってなに?

ここでは離婚協議書についてご説明します。ただ、説明が長くなってしまったので、別のページにまとめました。(長いので、読まなくても大丈夫です)

離婚協議書/公正証書サンプル

※離婚協議書のサンプルや、公正証書についてご説明しています。

また、離婚協議書の作成を専門家へ依頼するメリットについてもまとめました。お時間がある方は読んでみてください。

離婚協議書を専門家へ依頼するメリット

離婚協議書や公正証書は、離婚後(離婚届を出した後)でも作成できます。特に、養育費や面会に関して、離婚前と話が違う場合などのご相談が多いです。

離婚協議書の作成にはどのくらいの時間がかかるの?

ざっくりとした条件さえ決まっていれば、初回面談の際に原案を作成し、お渡しすることも可能です。(当事務所では面談を2時間を確保しているためです)依頼から完成まで、公正証書にしない場合は2週間程度、公正証書にする場合は3週間程度の時間が目安です。何度でも修正は無料ですので、まずは原案を作成し、ご夫婦で話し合って完成される方法がオススメです。

財産分与や慰謝料はないけど、離婚協議書って必要?

当事務所へのご相談は、慰謝料は発生せず、貯金も100万円以下、という方からのご相談が多くあります。貯金がないことは珍しいことではありませんし、貯金がなくても、お子さんがいるのであれば、離婚協議書を作成することをオススメします。

養育費に関する、気になること

さて、離婚協議書でもっとも気になる項目は、『養育費』についてだと思います。養育費の相場は、『算定表』というもので、ある程度、金額を知ることが出来ます。ただ、この養育費について、ご夫婦で折り合いがつかないことが多くあります。別のページにまとめましたので、お時間があれば読んでみてください。

離婚する父親が、養育費について知っておいて欲しいこと

※父親や、養育費が安すぎると感じる母親に読んで欲しい内容です

父親のための円満な離婚

※父親のための離婚の進め方です

父親と養育費

※養育費を払い続けた父親のエピソードをまとめてみました

 

費用

当事務所の費用は、総額表示です。相談料、修正料なども、すべて含まれていますので、ご安心ください。ご依頼後も、何度でもご相談、修正ができます。追加料金はありません

慰謝料や財産分与を受け取ったとしても、成功報酬などをご請求することもありません

例えば、慰謝料や財産分与で300万円を受け取ったとしても、当事務所であれば、費用は3万円~8万円(税別)だけです。基本的に、この金額以外は一切、ご請求しませんので、ご安心ください。

行政書士は、書類を作成することしか出来ない分、弁護士さんに比べて、費用が格段に安くなっています。お金がない方に特にオススメです。

内容 金額(税別)
離婚協議書の作成(子供なし) 3万円
離婚協議書の作成(子供あり) 5万円
公正証書による離婚協議書の作成(子供なし) 6万円
公正証書による離婚協議書の作成(子供あり) 8万円

初回面談は無料です。メールやLINEでのご相談は何度でも無料です。

※費用は、後払いでOKです。離婚のとき、引っ越しなどで経済的に困っている方も多いので、法律関係の事務所ではとても珍しく、後払いOKとしています。もちろん、利子や追加料金などは発生しません。

面談はお子様とご一緒でも大丈夫です。完全予約制ですので、他のお客様の迷惑になることもありませんし、実際にお子さんとご一緒に来所される方もたくさんいます。

離婚について知っておくべき100のこと

当事務所では、『離婚について知っておくべき100のこと』というページをご用意しています。このページには、離婚について知っておくべきことが100以上の記事として書いてあります。少しでも参考になれば幸いです。

時間も、財産だと思う

離婚のとき、お子さんの幸せや、お金のことは心配しても、時間に関してはあまり考えない方が多いように感じます。ここでの時間とは、離婚までに揉めたり、話し合ったり、悩んだりする時間のことです。離婚の話し合いが円満にできないと、離婚までに何年もかかってしまうこともあります。それは、とっても、もったいないことだと思います。人生の再スタートを早くすることは、仕事や再婚など、さまざまな面でメリットがあります。親権者が前向きに暮らすことは、子供たちの幸せでもあります。

当事務所では、養育費や学資資金などと同じくらい、少しでも早く、新しい生活が始められることを大切に考えております。このため、当日予約OK、土日や祝日も営業、メールやLINEでいつでも相談OKなど、少しでも早く、離婚協議書が作成できるよう、全力でサポートしております。慎重に考えることはとても大切ですが、悩み過ぎても、ストレスや時間の面で、マイナスかもしれません。どうぞ、お気軽にご相談くださいね。

アクセス

JR 札幌駅まで徒歩8分。

地下鉄 さっぽろ駅まで徒歩6分。

地下鉄 大通駅まで徒歩8分。

市電 西8丁目駅まで徒歩9分。

※水曜日のみ、休みです。土曜、日曜、祝日も営業しています。

※当事務所のエントランスです

札幌離婚相談

当事務所は相談していることをご家族や知り合いに見られないよう、さまざまな工夫をしています。

※完全予約制で、他のご相談者と会う可能性はほぼありません。

※総合オフィスのため、ビル内に入っても行政書士事務所に入ったかは分かりません。

※こちらから電話でのご連絡をすることはありません。

お問合せ

どんなご相談、ご質問、お悩みでも、お気軽にご連絡くださいね。氏名や住所などの個人情報は不要です。守秘義務がありますので、ご安心ください。当日のご予約も大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

話し合いの状況(まだ夫に話していない、夫婦共に離婚に合意済みなど)

離婚の原因(性格の不一致、妻の浮気など)

子供の有無と子供の年齢

ご相談、ご質問、ご依頼(今日の夕方から面談したい、○○が知りたいなど)

※メールアドレスのお間違いにご注意ください。

※相談内容によっては、お受けできませんので弁護士さんをご紹介しています。

LINEでのご相談は【 こちら 】

 

詳しいアクセスは【 こちら 】

ほとんどの方が“はじめての離婚”です。難しい言葉を使わないよう、出来るだけ簡単にご説明します。どうぞ、お気軽にご相談くださいね。

最後に・・・

離婚などのご相談は、例え相手が専門家であっても、少なからず抵抗があると思います。

離婚の原因が

・生活費を渡してくれない/お金がない/夫が働かない

・浮気された

・子供に手をあげる/暴言を吐かれる

・ほとんど会話がない/何年も別居している/セックスレス

などであれば、特に相談しにくいかもしれません。

しかし、ちょっと変な言い方ですが、これらの相談は全然、珍しくないので、恥ずかしく思う必要はまったくありません。驚くような事例をたくさん経験していますので、ご安心ください。また、真面目な人や常識的な人ほど、ギリギリまで相談されないようです。相談=離婚ではありませんので、まずはお気軽にご相談くださいね。

TOPへTOPへ