「とても円満」な夫婦は4組に1組しかいない

「とても円満」な夫婦は4組に1組しかいない

11月22日が【いい夫婦の日】だということは、かなり一般的になってきていると思います。

「いい夫婦の日」をすすめる会という団体があり、そちらが推進しているそうです。

今回は、「いい夫婦の日」を進める会が行ったアンケートをご紹介します。


生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選ぶか?(全体)

「どちらともいえない」 39%

「今の相手を選ぶ」 39%

「別のひとを選ぶ」 23%

 

生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選ぶか?(男女)

男性 「今の相手を選ぶ」 43%

女性 「今の相手を選ぶ」 34%

 

生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選ぶか?(男女&性別)

30代男性 「今の相手を選ぶ」 53% (最高)

60代女性 「今の相手を選ぶ」 28% (最低)

 

このアンケートから分かることは、生まれ変わっても結婚したいと思っているひとは

全体の4割に過ぎない、ということです。

「今の相手を選ぶ」 が最も高い、30代男性であっても、約半数しか思っていないようです。

そして、男性より、女性の方が、「生まれ変わったら別の人と…」と思っているようです。

 


 

いま、夫婦円満だと思いますか?(全体)

「とても円満」 27%

「まぁ円満」 51%

 

夫婦全体で、「とても円満」な夫婦は4組に1組だけ、ということですね。

そして、約半数が「まぁ円満」と答えていることも注目です。

完璧ではないけれど、そこそこ円満。

これが夫婦の現実的な形なのかもしれませんね。

 


 

夫婦円満のために、大切だと思うことは?(複数回答あり)

「話をする・聞く」 47%

「言葉にして感謝を伝える」 41%

「信頼する」 38%

「干渉しすぎない」 33%

 

このサイトでこれまでも述べてきましたが、

やっぱり夫婦円満の秘訣は、会話をすることです。

当たり前に思うかもしれませんが、意外と、気がつくと会話が

なくなっていた、という夫婦は多いものです。

「言葉にして感謝を伝える」「信頼する」も同じですね。

 


 

夫もしくは妻を選んだ理由は?

「性格」  54%

「思いやり」  49%

「フィーリング」  43%

 

要するに、大切なことは、気持ち、ということですね。

意外なことに、「経済力」を選んだのは、最も高い10代20代女性でも、

23%に過ぎません。

「結婚の条件=収入」のような記事が多いですが、

実際は性格の方がよほど重要なようですね。

 

ちなみに、「生まれ変わったら別のひとを選びたい」と考えている人の

「夫もしくは妻を選んだ理由」で高かったのは、「タイミング(34%)」「なんとなく(23%)」でした。

「なんとなく」に関しては、

「生まれ変わっても、今のひとを選びたい」 3%

「生まれ変わったら、別のひとを選びたい」 23%

と、約8倍も差がある結果になりました。

つまり、なんとなく流れで結婚すると、後悔する傾向にあるようです。

 

さて、総括です。

多くの夫婦は、「とても円満」とまではいかないけど、

「生まれ変わっても、いまの相手でいいかなー」くらいの気持ちのようです。

結婚とは、そんな感じかもしれませんね。

NEXT

なぜ夫がキャバクラに通うのか?妻は理解していない

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ