夫が発達障害やアダルトチルドレンかもしれない

その性格、アダルトチルドレンかもしれません

・自分が悪いと思っても、認めない

・相手の失敗や欠点を執拗に指摘、非難する

・自分の経験や知識だけしか受け入れない

・1つの経験や知識だけで、すべてを同一視する

・少し指摘すると、過剰に反応する

・自分の価値観と違うものを過剰に非難する

・論理が破綻し、自分の感情だけで行動・発言する

 

上記の項目に、配偶者や自分が当てはまっていませんか?

ほとんど、当てはまっている場合、『アダルトチルドレン』かもしれません。

 

アダルトチルドレンとは、病名ではなく、育った環境における、性格の特徴のようなものです。

アダルトチルドレンになりやすい環境とは

・両親の不在

・過保護、過干渉

・無関心

・暴力、虐待

・兄弟姉妹間の差別

などが考えられているそうです。

 

さて、最初にあげた項目は、離婚相談でよく聞く特徴とそっくりです。

・すべてが自分中心

・外面はいいが、家族には横柄

・肉体的な暴力はないが、暴言がひどい

・話し合いをしようとすると、拒否する

などです。

 

さて、アダルトチルドレンの定義は専門家にお任せして、

もし、自分の夫や妻がアダルトチルドレンだったら、どうしましょう?

・離婚する

・我慢する

の2択ではありません。

もう、開き直って、

『その性格は環境のせいだから、誰も悪くない!』 という考えもいいかもしれません。

アダルトチルドレンの特徴は、「自分は悪くない」と思い込んでいることですので、

悪いところを指摘しても、劇的に態度や性格が変わることはほぼないと思います。

 

だったら、

「あなたは悪くないのだけれど、ご両親が忙しかった影響かも…」

「君は悪くないのだけれど、大切に育てられ過ぎた影響かも…」

と、オブラートを3重くらいに包んで、改善を促すと効果があるかもしれません…。

※成功する確率は高くありません 

このとき、絶対に両親を批判するような発言はNGです。

「真面目なひとに多い特徴みたいよ…」

「子供のころに頑張り過ぎたのかもね…」

「一種の自己防衛本能で、よくある特徴みたいよ…」

など、多少、嘘でも気持ちよくその気にさせると良いでしょう。

怪しいセミナーのような内容になってしまいましたが、

ご参考になれば幸いです。

※離婚相談では、こんな感じのアドバイスをすることもあります。 

NEXT

弁護士報酬の考え方や札幌の相場

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ