別居時の生活費や婚姻費用は?約束を契約書に。

勝手に別居すると、不利になる?

ネットで「別居 不利」などで検索すると、必ず書いてある内容ですので、簡単にご説明します。

民法の第752条に「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」とあります。

簡単にいうと、夫婦は一緒に住みなさい、ということです。

このため、「勝手に別居を始めると、不利になる可能性がある」と書いてあるサイトが多くあります。逆に、勝手に別居したくらいでは、大した問題ではない、と書いてあるサイトも多くあります。

確かに、実際は勝手に別居を始めても、法律的に大きな心配はないようです。

ただ、ご主人が、『お前が勝手に出ていったのだから、お前が悪い!法律違反だ!慰謝料!』などと主張して、めんどくさいことになることは、よくあります。

特に、自分が賢い、正しいと過信している男性に多くあります。そういう人は、自分に都合のいい情報だけを根拠に、いろいろと文句を言ってきます。

別居に関しては、法律的に不利になるか、よりも、実際に夫がどういう行動をして、自分にどんな影響が出るかを考えることが重要です。

別居の理由

当事務所には、離婚しようか、とりあえず別居しようか悩んでいる、という相談が多く寄せられます。特に、夫の浮気が発覚し、とりあえず、実家に戻ったというケースが多いです。

浮気が原因で別居した場合、ご主人が『本当に俺が悪かった、反省している。だから戻ってきてください』と謝罪し、自宅に戻るよう説得に来てくれることもありますが、そうしたケースばかりではありません。

むしろ、のびのび暮らしているような人もいます。そのとき、浮気された奥様は、私がいない間に、夫が浮気相手を家に招いたらどうしよう…と不安になります。

こうしたケースでは、別居することで、気持ちの面で、離婚が近づく可能性があります。離婚を迷っているうちは、別居は慎重に考えましょう。

他には、離婚は決まっているが、子供が高校を卒業するまでは離婚しない、などと明確に決まっている場合などのご相談もあります。

婚姻費用の相場と算定表

さて、理由は別として、別居のときに気になるのは、お金のことだと思います。

別居しても、離婚していなければ、夫婦はお互いに扶養する義務があります。簡単に言うと、収入の高い方から生活費を貰うことができます。これを、婚姻費用と言います。

基本的に、養育費よりも、婚姻費用の方が高額です。このため、すぐに離婚せず、別居する、という選択をされる方もいます。

具体的にいくら、貰えるのかは裁判所の算定表を参考にしてください。こちら

夫婦の収入や子供の人数、年齢によって計算できます。

ただ、ご主人が素直に婚姻費用を支払ってくれるでしょうか?

払ってくれない、というケースは珍しくありません。他のサイトには、「払ってくれない場合は調停で~」と必ず書いてありますが、わざわざ面倒な手続きをして、調停をするでしょうか??

その手間や時間、お金がもったいない、と思います。精神的に楽でもありません。調停を申し立てたら、ご主人が逆ギレして、離婚する、と言い出すかもしれません。

別居するのであれば、賢く、しっかりと現実的に考えることが大切です。

約束は契約書にしよう!

別居するのであれば、しっかりと、事前に書面を残すことが重要です。そのメリットをご紹介します。

別居の合意をハッキリと残す

冒頭に書いたように、あとから「勝手に出て行った!」と言われないように、お互いが合意の上で別居を始めたと残します。口約束では、あとになって聞いてない、知らない、などと言われるリスクがあります。

生活費(婚姻費用)などについて決める

「婚姻費用は月に◯万円」だけでは足りないかもしれません。毎月の奥様の携帯代、保険代はそれに含まれているのか、いないのかも確認してください。他にも、子供の塾代なども注意が必要です。

あとになって、生活費の◯万円は振り込むけれど、それ以外は一切、俺は払わない!と言われてしまうと面倒です。車の保険料、子供の学資保険料が振り込まれていなかった、とならないようにしましょう。

子供の面会が、とても重要

お子様がいる場合、面会について決めることが大切です。

別居について、争えば争うほど、離婚が近づきます。また、すでに離婚を覚悟している場合でも、争うほど有利な条件が失われるかもしれません。例えば、子供の学資保険まで、解約して折半すると言われてしまうかもしれません。

別居するとしても、揉めないことが、お子様にとって最良です。

別居の合意書は3万円(税別)

ほかにも、貯金や保険の管理方法、税金や光熱費の支払いなど、注意すべきことは色々あります。

当事務所であれば、別居の合意書を3万円(税別)で作成します。

これまで…

・学資保険や生命保険を勝手に解約しないこと

・自動車の保険料、税金はご主人の口座から引き落とすこと

・銀行口座を解約したり、大金を使用しないこと

・家に親族以外を入れないこと

・勝手に借金をしないこと

・子供の誕生日には父親と会わせること

などなど、いろいろな項目を書いた合意書を作成してきました。

・別居の準備はなにが必要?

・住民票はどうしたらいいの?

・郵便物はどうしたらいいの?

・子供の学校や保育園はどうなる?

などの不安について、これまでの経験からアドバイスもしています。

別居に関する合意書の作成をお考えの方は、お気軽にご相談くださいね。相談は無料です。

面談、メール、LINEなどで、いつでもご相談いただけます。

NEXT

その性格、アダルトチルドレンかもしれません

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ