子供との面会は難しい。切ない。

子供との面会は難しい。切ない。

離婚しても、子供と面会する権利はあります。

ここでは少し、子供と面会に関するエピソードをご紹介します。

 

『父親に会いたくない理由』

母親からの相談です。面会は本来、子供の気持ちを最優先で考えますので、子供が望んでいない場合は面会を拒否する場合があります。

ある面会後、子供が『もうお父さんと会いたくない』と母親に言ったそうです。母親としては、なにか不愉快なことを言われたのかと心配し、子供になぜ会いたくないのかを聞きました。すると『会ったら、バイバイしないといけない。バイバイするのが寂しいから』と子供が答えたそうです。

結果的に大好きな父親と離れて暮らすことになった子供に対して、親はどうするべきなのでしょうか…。

 

『子供の嘘』

母親からの相談です。ある面会の数日後、元夫から電話があり、『やり直したいって本気なのかい?』と言われました。

私はなんのことか、さっぱり分からず、どういうことか聞いてみると、娘が面会のとき、『ママね、またパパと暮らしたいって!私からパパにお願いしてって頼まれたの!』と言ったそうなのです。もちろん、私は娘に、そんなことは言っていません。ただ、思い返してみると、娘は最近、どこかウキウキしていて、私に『何かいいことなかった?』と何度も聞いていました。

きっと、娘は娘なりに考えて、キューピッド役にでもなったつもりなのでしょう。

また3人で暮らせると、楽しみにしているのでしょう。

私は母親なのに、娘が一番望むことをしてあげられません。

私は娘に、なんて答えたらいいのでしょうか…。

離婚せざるを得ない状況もたくさんありますが、子供の気持ちを思うと、考えさせられますね…。

離婚後に子供と面会したことがない割合は、50.8%

離婚しても、親であることに変わりはありません。

しかし、平成23年度全国母子世帯等調査によれば、

離婚後、【子供と面会交流をしたことがない】という割合は、50.8%でした。

半数以上の親が、離婚後に子供と面会交流していないのです。

もちろん、理由はさまざまだと思います。子供のために面会していないのかもしれません。

ただ、離婚原因の統計から考えると、半数以上に面会できない理由があるようには思えません。

また、離婚時、子供との面会について文書で取り決めをした割合は、11.8%です。

たったの12%弱です。

離婚のとき、親権や養育費のことで揉める人は多いのに、

離婚後の面会のルールを決める人はあまりに少ないのです。

本当に子供のことを大切に考えているのなら、口だけでなく、行動で示してあげてください。

NEXT

札幌市の女性が再婚する割合は41.5%?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ