面会できない父親、面会させたくない母親

離婚時に未成年の子供がいる場合、子供の親権者(監護者)を決めなくてはなりません。多くの場合、母親が親権者になるようです。そして、その次に悩ましいことが、養育費と面会についてです。

理想は、離婚後も、定期的に父親と子供が面会し、離れて暮らしていても、子供が父親の愛情を感じながら成長できる環境です。父親も、養育費や大学進学の費用を気持ちよく支払うことができ、経済的にも子供のためになります。

しかし、そう理想的に運ぶケースばかりではありません。実際、「養育費は要らないから、面会させたくない」と考える母親、「子供に会いたくない」という父親はたくさんいます。

 

まず、父親の立場で考えてみます。子供にまったく興味がない父親も大勢います。逆に、離婚しても子供に会いたい父親もいます。ただ、母親の都合や子供の気持ちを考えず、自分の要求だけをアピールし、余計に面会が困難になることも珍しくありません。また、子供への愛情を、プレゼントやお金だけで表す父親も多いのですが、これは逆効果です。

これだと、母親は嫌われ役、父親はサンタさんのような印象を与えてしまいます。このため、離婚の際は勝手にプレゼントをしない、と約束することもあります。ちなみに、どうしてもプレゼントしたい場合は、母親の承諾を得てからか、子供ではなく、母親に渡すと良いでしょう。

また、悩ましいのが運動会や学芸会などのイベントです。父親としては、子供の晴れ姿を見たいと思うでしょう。しかし、こうしたイベントには、学友の保護者さんたちもたくさんいます。好奇の目で見られる不安がありますし、とにかく、余計な心配は増やしたくないのが母親の本音でしょう。「遠くで見てるだけだから!」と主張されても、信用できるかどうかは、これまでの態度次第です。父親が子供のイベントに参観したい場合は、やはり、面会でトラブルを起こさない、子供と母親に迷惑を掛けない、養育費は遅延なく支払うなど、日ごろの行いが重要です。

 

次に、母親の立場をご紹介します。子供と父親を会わせたくない理由は様々です。

「父親が子供に暴力を振るう」「子供が面会を嫌がっている」などの理由であれば、比較的、わかりやすいケースです。しかし、「父親も子供も会いたがっているが、面会が辛い」というケースもあります。それは、離婚の前に、元夫から暴力やモラハラを受けていたり、離婚時に罵倒されたりして、元夫と連絡することが、とてもストレスになっている場合です。

面会させてあげたいけれど、元夫からメールが来るだけで、怖くて手が震えたり、携帯電話が鳴るだけで辛い…。面会させないと、養育費を払わない、親権を奪うと脅されている。自分だけ我慢すれば、いいのでしょうか…、というご相談もあります。

父親と子供の面会は、子供の福祉が最優先ですが、母親の心の健康も守られなくてはならないと定められています。このため、元夫と子供の面会がストレスになるようであれば、無理し過ぎる必要はありません。面会は母親の気持ちを無視して強制されるものではありません。

母親が面会を拒否している=父親への嫌がらせ、ではありません。面会のルールを決めるときは、子供、母親、父親、3者の立場で考えることが重要です。自分の要望を主張するだけでは、逆効果になることもあります。ただ、離婚のとき、当事者だけで、これらを円満に決めることは難しいと思います。

当事務所では、「子供の幸せを最優先に考える離婚協議書」をテーマに、円満な面会を継続するためのルールをご提案しています。ご相談いただければ、お役に立てることがあると思います。どうぞ、お気軽にご相談ください。

NEXT

元夫と子供との面会にはトラブルが多い

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ