慰謝料や財産分与は、離婚後でも請求できる。

慰謝料や財産分与は、離婚後でも請求できる。

これまでも、ご説明してきましたが、離婚届を提出したあとでも、

財産分与や慰謝料は請求できます。

しかし、これには期限がありますので、ご注意ください。

財産分与は、離婚が成立したときから2年以内に、

慰謝料は3年以内であることが条件です。

もし、期限内ギリギリであれば、すぐに弁護士さんに相談するようにしましょう。

 

養育費はこのような期限がなく、子供が未成年であれば、

家庭裁判所に申し立てると、調停などが可能です。

離婚後に揉める原因は、ほとんどがお金と子供に関することです。

離婚時はいろいろと大変だと思いますが、しっかりと考えて行動しましょう。

NEXT

養育費が支払われない場合に強制執行する方法

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ