離婚しても子供の名字は当然に変わらない。自分の苗字は?

離婚しても、子供の名字は当然に変わらない

離婚して、妻が現在の戸籍を抜けたとき、離婚届の親権者が妻であれば、子供の名字は当然に妻側の名字になるでしょうか?

残念ながら、なりません。つまり、子供だけ父親の名字のまま、ということです。

離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」という項目で、「新しい戸籍を作る」にチェックし、戸籍が出来たあと、家庭裁判所へ子供の性の変更を申請することになります。

※子供が15歳以上の場合、一緒に行くといいでしょう。

子供がいない場合、結婚前の戸籍に戻れる

離婚したとき、子供がおらず、自分の親が生きていれば、独身時代の戸籍に戻ることができますが、子供がいれば新しい戸籍を作ることになります。

旧姓に戻るか?そのままの苗字を名乗るか?

さて、多くの人が悩むことが、やはり離婚後の苗字です。子供がいなければ、旧姓に戻ることが多いようですが、子供が学校に通っている場合、難しいですよね…。他にも仕事をしていて、職場で余計な気を使われたくない場合もあるようです。

実は、学校の場合、戸籍上は母親の旧姓に戻しても、学校内で使用する苗字はそのまま、にすることが可能な場合があります。すべての学校で対応してくれるのかは分かりませんが、札幌市内の中学校などでは、普段使用する苗字を変えなくてもOKだったそうです。お悩みの方は、離婚の前に、学校へ相談してみるといいでしょう。高校などに進学するタイミングで苗字を変えることが出来れば、お子さんのストレスも軽減できると思います。

経験的には、小学生以上のお子様がいて、引っ越さない場合は、そのままの名字を名乗り続ける方が多いと感じます。

離婚のときは、自分のことで精いっぱいで、子供の名字や戸籍のことを忘れがちです。役場に行けば詳しく教えてくれますので、離婚届を提出したあとに、必ず相談しましょう。

NEXT

戸籍から×は消せるが、完全には消えない。

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ