『実は、生き別れの妹がいた…!』可能性は少ない

『実は、生き別れの妹がいた…!』可能性は少ない

ドラマなどで、「幼いことに両親が離婚し、実は生き別れの妹がいた…!」

というような設定がありますが、実のところ、このようなケースは少ないようです。

理由は、幼少期の兄弟姉妹は、一緒に暮らした方が環境がよい、

とされているからで、調停や裁判になった場合には、

どちらか一方に親権をまとめて委ねることを推奨されるでしょう。

 

もちろん、これは調停や裁判になった場合に、そう推奨されるだけであって、

協議離婚で親権・養育権を決める場合、本人が自由に決められます。

 

ちなみに、このような事実を、知っていましたか?

 

上記のことを知らないで協議離婚し、兄弟の親権を分けてしまえば、

現在の研究上、子供のためによくない選択、をすることになります。

離婚の際は、専門家へ相談することも大切です。

NEXT

別居先の住所を教えたくない場合はどうする?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ