父親でも子供に会えない!

父親でも子供に会えない!勝手に連れ戻すと犯罪に!?

例えば、いきなり奥さんが置手紙を置いて、子供をつれて家を出てったとします。

夫であるあなたには何の責任もないとします。

奥さんとはメールで連絡ができますが、どこに住んでいるかは教えてくれません。

あなたは、奥さんが出て行くのは勝手ですが、子供を連れて行くのは許せません。

しかし、子供を返して欲しい、と言っても、奥さんは聞き入れてくれません。

もちろん、まだ離婚していないので、親権は二人のものです。

これは一種の誘拐じゃないか?と警察に相談してみるも、

警察は介入しません、とのこと。

何も悪いことをしていない夫が、いきなり大切な子供に会えないなんて、おかしい!

そう考えたあなたは、妻の実家を監視することにしました。

やはり、妻は実家に帰っていました。

 

子供と直接話しをすれば、きっと「お父さんと一緒に暮らしたい!」と答えるに決まっています。

 

しばらくすると、子供と祖母が散歩のため、家から出てきました。

夫はそのあとを車で追跡し、祖母の隙をみて、可愛い我が子を奪い返すことに成功しました!

 

…が、その後、この男性は未成年者略取の容疑で逮捕されました。

 

これは、実際に起きた事件を少しアレンジして書いたものです。

親権のある父親でも、強引に子供を連れ返すと、犯罪になってしまうのです。

それなら、子供を勝手に連れてった母親も犯罪だと思うのですが、こちらはグレーみたいです。

もし、妻が子供を連れて出て行ったら?

もし、配偶者が子供をつれて別居を始めた場合、速やかに弁護士さんに相談し、家庭裁判所へ「子の監護者の指定と子の引き渡しを求める審判」を申し立てましょう。

ただ、争うことで、夫婦の再構築が難しくなり、子供にもストレスがかかるかもしれません。

まず、すべきことは、なぜ、奥さんが別居を始めたのか、という理由を知ることかもしません。

子供の生活を最優先で考えて欲しい!!

あるサイトに、『父親が親権が欲しいのなら、養育実績が必要なので、子供と一緒に家を出るべき!』と書かれていました。

確かに、そういった一面があるのかもしれません。

ただ、それは本当に子供のためになるのでしょうか??

幼稚園や小学校など、環境が変わることは子供にとって大きなストレスです。

親権者が父親になることが、本当に子供にとって最善である保証もありません。

自分が親権が欲しいばっかりに、子供を振り回す…ようなことがないようにしてください。

NEXT

痴漢冤罪ならぬ、不倫冤罪にご注意を!

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ