妻の浮気が原因だとしても、夫は親権を取ることは難しい

父親が親権を取る難しさの情報は、ネット上に溢れています。実際、父親が親権を取れる割合は20%未満と言われていて、その内容も、妻側に虐待や育児放棄がある場合が多く、妻が正常で、親権を望めば、ほとんどのケースで妻が親権を得ると言われています。

では、妻の浮気が原因で離婚になったとしても、父親は親権を取ることがで出来ないのでしょうか?

夫になんの落ち度もなく、それでも妻が離婚を希望し、子供を連れて別居を始めると、夫は親権を取ることができないのでしょうか?

絶対とは言えませんが、限りなくそれに近いようです。離婚原因と親権は別の問題なのです。本当に、父親が親権を取るのは難しいそうです。

ただ、最も重要なことは、「親権をどちらが持つことが、子供にとっての一番幸せになるのか」ということです。「父親が(母親が)、子供と暮らしたい」ではなくて、「子供がどちらと暮らすことが幸せか?」と考えるべきです。

また、親権を取る以外にも、子供との面会を極力多くするなどして、子供の成長を見守る方法もあります。ただ、ものすごく嫌な言い方をすれば、「親権が欲しい両親」も多いですが、「虐待するシングルマザー」「養育費を払わない父親」も多いんですよね。

最も重要なのことは、子供の幸せです。「子供に会えないなら養育費は払わない」というのは最低です。

 

NEXT

父親でも子供に会えない!勝手に連れ去られた子供に会えない

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ