自分でできる?探偵マニュアル 浮気編

自分でできる?探偵マニュアル 浮気編

※本やネットの情報です。

探偵に頼むと、非常に高額になったり、トラブルがあるということを書きました。

信頼できる探偵事務所に依頼すれば、トラブルになることはほどんどないでしょう。

それでも、高額な費用がかかることには変わりません。

そんな理由から、自分で調べる方が増えてきているそうです。

調査費用のほとんどは人件費とも言えますので、夫と一緒に暮らしている妻なら、

一番、簡単に調査が行えるようです。

 

例えば、現代では、浮気の発覚は携帯電話から、というのが非常に増えています。

わざわざ探偵に頼まなくても、自分で夫の携帯電話を盗み見れば、

証拠が押さえられるかもしれません。

ちなみに、ロックがかかっていたとしても、数字4ケタの暗証番号なら、

全部試しても1万通りです。

数時間あれば全て試せると言われています。

夫が泥酔して帰ってきた日なら、可能かもしれませんね。

 

もっと荒業なのは、夫の携帯電話を盗んで、データ復旧サービスなどに

依頼をすると、消したメールでもある程度は復元できるそうです。

外出先で盗めば、どこかに落としただけじゃない?とごまかせるそうな…。

しかし、注意して欲しいのは、怪しいメールがあったとしても、

強力な証拠とは言えません。

不貞の証拠として理想的なもの

1位 : 行為中の写真(複数の日付だとなお良し)

2位 : ラブホテルに出入りする写真

     (複数の日付&第三者(探偵)が作成だとなお良し)

3位 : メール、日記、証言、GPSの記録など

だそうです。

しかし、これ以上に強力な証拠があります。

それは、すべて正直に白状して貰うことです。

※録音・録画を忘れずに。

また、行動監視したいのであれば、GPS発信器をつけることも可能です。

これは、小型の発信器を取り付ければ、相手がどこにいるのか、

リアルタイムで分かる仕組みです。

特に、車で移動する田舎向きだそうです。

現在は非常に安価になっており、1ヵ月レンタルしても、3万円台のようです。

GPSレンタルのショップ

 

ただ、この方法はプライバシーを侵害する行為であり、夫婦だとしても、

違法になる可能性があります。

こうした情報がネット上にあるだけです。実行はオススメしません。

また、これまでご説明した通り、離婚する気がないなら、

証拠集めはしない方がいいでしょう。

 

※先日、警察が市民の車にGPSを取り付けて捜査し、警察が訴えられました。

警察の見解によれば、市民の車にGPSを取り付けて捜査することは

違法じゃないようです。ただ、器物破損にはなるという意見もありますが…。

どちらにせよ、警察や探偵が行っているなら、夫婦間でも問題ないのかな…。

NEXT

自分でできる?探偵マニュアル DV編

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ