今からDVや浮気の証拠を集める方法

今からDVや浮気の証拠を集める方法

これまで、証拠があっても、その証拠能力が足りなければ、

DVや浮気が認められないケースがあると説明しました。

しかし、すでに終わったことの場合、今から証拠を集めるのは非常に困難です。

例えば、夫と浮気相手をラブホテル街で見かけた、と言っても、

その場で咄嗟に写真を撮れる人は多くないでしょう。

 

では、今からDVや浮気の証拠を確保するには、どうしたら良いでしょうか??

 

それは、離婚を打ち明ける瞬間だそうです。

改まった席で、○○の理由で今後のことを話したいと告げると、多くの場合は、

自分の行いを認め、謝罪し、やり直しを求めてくるようです。

これを録画しておけば、今後、裁判などになった場合、有利になるそうです。

※録音ではなく、録画です!

 

この方法の場合、いかに相手が白状しやすい流れを作るか、が重要のようです。

最初から、離婚!慰謝料!と言ってはダメです。

かといって、真剣さが伝わらないと、強引に逃げられるでしょう。

 

例えば、

・正直に話してくれたら離婚は考えないが嘘をつくなら信用できない

・証拠はあるので、本当のことを話して欲しい

など、正直に話してくれたら許すから、というスタンスで臨むといいそうです。

 

ただ、二人だけだと、暴力をふるわれたり、激情して席を立ってしまう可能性が

ありますので、第3者に同席して貰うといいかもしれません。証人としても有効です。

あまり無理せず、弁護士さんにお任せするのもいいでしょう。

NEXT

自分でできる?探偵マニュアル 浮気編

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ