浮気はとぼけた方が勝ち!証拠なかったらなんにも責任なし?

浮気はとぼけた方が勝ち!証拠なかったらなんにも責任なし?

残念ながら、浮気が発覚しても、証拠がなく、相手が認めなければ、

離婚で有利にならない場合があります。

 

刑事事件と違って、浮気の事実を話さないからと言って、警察に捕まったり、

取調室で聴取されることはありません。証拠が不十分な場合、

嘘をつき通せば、慰謝料の支払いはしなくて済むかもしれません。

 

また、さらに外道なのは、浮気がバレたときは認め、謝罪し、

いよいよ離婚が現実になったときに、

『え?浮気なんかしてないし、認めてないよ?』 と、

土壇場で認めないパターンです。

こんなケースでも、謝罪したときに録音などされていなければ、

裁判などを切り抜けられる可能性が大きいようです。

 

確実に認めさせるためには、やはり本人に確認する前に、

自分で証拠を集めることが重要です。

 

ちょっと脱線しますが…

離婚したくないから嘘をつく、離婚したくないから正直に話す、

どちらが正しいのでしょうか?

正直に話した方が潔い気もしますが、時に、知りたくない真実もあります。

 

相手の気持ち次第、な面もあると言えるでしょう。

結論から言えば、奥さんが大切なら、浮気はやめましょう。

あとから後悔しても、遅いですよ。

NEXT

浮気の“証拠”とはなにか?離婚の難しさ、いやらしさ。

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ