セックスレスも正式な離婚原因。拒み続けると、高額な慰謝料を請求される?

多くの場合、離婚を考えている夫婦はセックスレス状態にあるそうです。ただ、セックスしたくない理由はなんであれ、セックスを拒み続けると、婚姻生活を継続する理由がないとみなされて、離婚と慰謝料を請求される可能性があるので、注意してください。

実際、判例を調べてみると、セックスレスが原因で離婚し、500万円の慰謝料が認められた場合もあるようです。具体的にセックスレスとは、1ヶ月間性交渉がないことを言うそうですが、実際にどのくらいの頻度で求められ、なにを理由に断ったか、も大きく影響します。

ただ、愛情がなかったからセックスしなかった、相手が下手だったからしなかった、というのは理由にならないそうです。

夫婦である以上、セックスは当然、営むべきものと判断されますので、断った側に厳しい判決が下されるそうです。経験上、セックスを断るのは妻側が多いような気がしますが、逆もあります。

夫が浮気などをして慰謝料を貰おうとしても、セックスレスを理由に大きく相殺される可能性がありますので、ご注意ください。

また、あまり性生活のことは知人に相談しにくと思います。当事務所ではLINEやメールでもご相談いただけますので、ご利用ください。

最近、男性からも女性からもセックスレスを理由に離婚を考えている、という相談が増えています。こうしたお悩みは気軽に相談できず、また、どこに相談していいのか分からないようです。当事務所ではこれまでの相談の経験からアドバイスすることが可能ですので、離婚したい場合も、離婚したくない場合も、お気軽にご相談ください。

NEXT

不倫相手の慰謝料請求も、やりすぎれば恐喝罪に!?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ