置手紙で『出ていきます』は不利になる可能性があるのでNG!

置手紙で 『出ていきます』 は不利になる可能性があるのでNG!

ドラマなどで、夫が家に帰ると真っ暗で、机の上にぽつんと置手紙があり、

『実家に帰らせていただきます…』と書いてあるようなシーンがありますよね(古い?)

しかし、これは離婚調停や裁判になったとき、出て行った方が不利になる

ケースがあるので、極力やめた方が良さそうです。

 

夫婦には「同居義務」というものがあり、基本的に夫婦は一緒に暮らすもの、

と考えられています。

このため、勝手に出て行くと、一方的に同居義務を放棄したと考えられ、

裁判なので不利になる場合があるようです。

もちろん、DVなど、理由がある場合は黙って出て行っても不利になりません。

もし、DVの場合などで止む負えず一方的に別居を始める場合は、

配偶者暴力相談支援センターなどの相談すると良いでしょう。

内閣府HP

また、『出て行け』と言われたから出て行った場合は、1度だけでなく、

何度も言われていると、不利になる可能性が低くなります。

 

王道な方法は、夫と話し合い、距離を置くために、合意の上で別居を始めることです。

ちなみに、すでに別居を開始している場合、「同居義務」を根拠に、

家に帰ってこないと訴えるぞ!みたいなことは可能だと思いますか?

答えはNOです。

同居義務はあくまで、裁判などで不利になる程度で、同居を強制するチカラはありません。

ただし、同居義務違反されている側は、内容証明などで、

「帰ってくるよう」に求めることができます。

このような証拠を残しておくと、裁判で有利になる可能性があります。

NEXT

セックスレスも正式な離婚原因。拒み続けると、高額な慰謝料を請求される?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ