どんなときに行政書士に相談するべき?

行政書士に依頼するケースは、できることが限られているので、非常にシンプルです。

『円満に協議離婚をする場合に、離婚協議書の作成するとき』だけです。

協議離婚の場合、あとで揉めることがないよう、離婚協議書の作成をオススメします。 ちなみに離婚協議書は自分たちでも書くことができますが、書いても無効になってしまう項目などがありますので、専門家に依頼した方がいいと思います。

 

逆に、

・調停や裁判に進む予定がある

・相手側と話し合いができる状態でない

・相手側と示談交渉して欲しい

という場合は行政書士ではまったくお役に立てません。

前にも書きましたが、これらは弁護士さんしかできませんし、これらを前提とした相談も、弁護士さんしかできません。

 

簡単に考えると、夫婦二人で依頼できる状態のときは行政書士、夫婦一緒には考えることもできないときは弁護士、に相談するといいでしょう。

ちなみに、当事務所は離婚を専門的に扱っていて、『子供の幸せを最優先に考えた離婚』をご提案しています。お気軽にご相談ください。

NEXT

弁護士費用は負けた方が支払う?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ