こんなときは弁護士さんに相談するべき

 

これまでも書いたように、争いがある場合、基本的に弁護士さんしかサポートできません。

・親権で争いがある場合

・慰謝料の金額で揉めている場合

・DV被害が深刻で、夫に接近禁止の仮処分などを家庭裁判所に申し立てる場合

・子供と一緒に別居を始めたが、夫に子供を奪いさられそうな場合など、 夫に接近禁止の仮処分などを家庭裁判所に申し立てる場合

・通帳などの財産を相手が管理していて、財産分与が始まる前に隠されたりする恐れがある場合

・もう顔も見たくないので、すべて代理で進めて欲しい場合

・費用は気にしないので、一刻も早く離婚したい場合

などは、弁護士さんに相談されることをオススメします。

札幌弁護士会では無料相談も行っています。こちら

NEXT

どんなときに行政書士に相談するべき?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ