2.「今、繁盛するお店」が10年後も繁盛するとは限らない

飲食店をオープンさせる前に、長期的な観点で考えることが重要です。

お店を開業したあと、どのくらい続けるつもりでしょう?

例えば、20年後もお店を続けるなら、改装費用の積み立てを

考える必要があるでしょう。

また、「焼酎ブーム」「ハイボールブーム」のように、人気が一過性の場合もありますし、

「コンビニコーヒー」の流行のように、市場が変化する可能性も多大にあります。

飲食店をオープンしようとしている方は、「繁盛できる」アイディアをお持ちの方が多いと思いますが、

「今、繁盛するお店」が、「10年後も繁盛するお店」とは限りません。

もちろん、誰も未来を予想できませんが、できる限りのことをした方が賢明でしょう。

若い人をターゲットにしたお店は、固定客がつきにくく、

経営を継続するのが難しい傾向にあるようです。

逆に、「蕎麦屋さん」「お寿司屋さん」など、落ち着いたお店は

「何十年も通っている常連さん」や「いつも家族で行くお店」のように、

長く経営できる傾向にあるようです。

こういった観点から、どんなお店にしたいのか考えることも重要です。

お茶漬け

札幌で飲食店を始める前に知っておくべき20のこと

1.「超人気店」と「穴場の名店」はどっちが正解?

2.「今、繁盛するお店」が10年後も繁盛するとは限らない

3.札幌で飲食店を開業するには○○万円かかる

4.条件次第では、国や札幌市から資金援助して貰える

5.飲食店で黒字を計上しているのは全体の3割

6.アルバイトにも有給休暇がある

7.物件選びは難しい

8.内装のデザイン料っていくら必要?

9.一流のコピーライターが考えるメニューとは

10.口コミが重要!って本当?

11.北海道の旬の素材はリスキー

12.スタッフに求めるレベルと時給の関係

13.労働保険に入っていない経営者に、人を雇う資格はありません

14.お店は消費税をいつ、誰に払うのか

15.経営者にとっての経理とは

16.稀有な成功例だけを見ずに、失敗例から学んで欲しい

17.『若さ』はメリットだけではない

18.リスクを減らせば、別のリスクが増える

19.成功に終わりはない

20.行政書士に依頼する?

TOPへTOPへ