1.「超人気店」と「穴場の名店」はどっちが正解?

飲食店をオープンする上で、コンセプトをまず考えると思います。

コンセプトは、「オシャレなカフェ」や「タイカレーの専門店」だけではありません。

例えば、あなたがお客様だとして、

「超有名で大人気のお店」と

「マイナーだけど、知る人ぞ知る、穴場のお店」

の2択だとしたら、どちらに行ってみたいでしょう?

「にぎやかなお店」が好きな人もいれば、「静かなお店」が好きな人もいます。

「アットホームなお店」はひとりでは入りにくい。

「オシャレなカフェ」は男同士では入りにくい。

なんて思うお客様もいるでしょう。

どんなコンセプトが正解か、ということはありません。

好みの問題です。

覚えておいて欲しいのは、

万人に愛されるお店、というのはないのかもしれない、

ということです。

ただ、狙い通りの集客・評判にならない場合もあります。

あらかじめ考えておく必要があるでしょう。

次に、オープンまでのスケジュールを知っておく必要があります。

飲食店を開業しようとして、どのくらい前から準備するべきでしょう?

物件を契約するタイミングは難しいようです。

人気の物件なら、お金を払わずに長期間キープすることは困難ですし、

契約すれば、営業しなくても賃料が発生してしまいます。

ただ、物件が決まらないと、内装デザインが決められません。

工事業者さんも、急には受けてくれないかもしれません。

スタッフをいつから雇うのかも大きな問題です。

2ヵ月後から働いてください、と言われても困りますもんね。

しかし、オープン1週間前に募集しても、人材の確保は保証されません。

他にも、営業許可、什器の納入など、スケジュールは

自分の都合だけで決めることはできません。

オープン日を先送りにするだけで済めばいいのですが…。

トラブルを最小限にするためには、あらかじめ、できる限り、

事前に調べておくことが重要です。

お好み焼き

札幌で飲食店を始める前に知っておくべき20のこと

1.「超人気店」と「穴場の名店」はどっちが正解?

2.「今、繁盛するお店」が10年後も繁盛するとは限らない

3.札幌で飲食店を開業するには○○万円かかる

4.条件次第では、国や札幌市から資金援助して貰える

5.飲食店で黒字を計上しているのは全体の3割

6.アルバイトにも有給休暇がある

7.物件選びは難しい

8.内装のデザイン料っていくら必要?

9.一流のコピーライターが考えるメニューとは

10.口コミが重要!って本当?

11.北海道の旬の素材はリスキー

12.スタッフに求めるレベルと時給の関係

13.労働保険に入っていない経営者に、人を雇う資格はありません

14.お店は消費税をいつ、誰に払うのか

15.経営者にとっての経理とは

16.稀有な成功例だけを見ずに、失敗例から学んで欲しい

17.『若さ』はメリットだけではない

18.リスクを減らせば、別のリスクが増える

19.成功に終わりはない

20.行政書士に依頼する?

TOPへTOPへ