離婚とマイホームと児童扶養手当

マイホームがあり、住宅ローンが残っている場合、奥さんと子供は住み続けて、ご主人がローンを返済する…というケースは珍しくありません。マイホームを売却してもローンが残る(オーバーローン)なだけだし、子供は学校や保育園の関係で、遠くに引っ越すのは難しいし…。

マイホームとオーバーローンの関係は、(離婚と住宅ローンについて)に書いてあるので省略します。ここでは、マイホームに住み続けることと、児童扶養手当に関するご相談からアドバイスです。

マイホームに住み続けると、児童扶養手当が貰えない!?

『夫名義のマイホームに住み続け、住宅ローンは夫が支払い、その分、養育費は少なめに受け取る条件で離婚しました。そして先日、区役所に児童扶養手当の申請に行くと、元夫から扶養を受けていることを理由に、児童扶養手当が支給できない可能性があると言われてしまいました…。』

札幌市の場合、児童扶養手当を申請するときに、家の名義を確認され、賃貸借契約書などを確認されます。不正受給を防ぐため、誰の名義の家に住んでいるかが重要なためです。

ざっくり説明すると、元夫が家賃(ローン)を支払っているのだから、扶養を受けている、養育費に含まれる、と考えられるためです。受け取っている養育費の金額が大きいほど、受給される児童扶養手当は減額されます。(もしくは受け取れません)

元夫と賃貸契約を交わせばOK!?

では、『本来の養育費は5万10円ですが、この家を月10円で元夫から借り受けているだけです。月10円で家を借りている証拠として、不動産賃貸契約書があります!』という主張は通るでしょうか??おそらく、制度の趣旨から考えて、かなり難しそうでしょう。近隣の家賃相場から計算され、例えば、養育費が5万円、家賃相場が7万円だとすれば、12万円分の援助を受けていると判断されるかもしれません。

慰謝料の代わりに、住み続ける場合は!?

『慰謝料は払えないけど、この家に住み続けていい。ローンは俺が払うから…』という場合、どうでしょう?基本的に、児童扶養手当を算定するときの所得に、慰謝料は含まれません。このため、家賃分は慰謝料の支払い分と相殺しています!という主張は、もしかしたら、通るかもしれません。ただ、単に主張するだけでは難しいと思いますので、しっかり書面に残す必要があるでしょう。

ポイントは財産分与

ご主人名義の家に住み続けて、児童扶養手当を受け取る場合、最も確実な方法は、財産分与としてする、ことでしょう。

家とローンの名義がご主人であっても、結婚後に取得した家の場合、それは共有の財産ですので、奥さまの財産でもあります。そこで、数年後にその権利をご主人に譲渡する代わりに、それまで、奥さんと子供が住み続ける、というような内容の離婚協議書になっていれば、扶養ではなく、財産分与の一部なので、児童扶養手当には関係ない、とされるようです。※例外もあります

後悔する前に、詳しい専門家に相談し、適切な離婚協議書を作成することをオススメします。

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ