親権を父親に譲る、という選択肢

離婚のとき、子供がいると、必ず親権者を母親か父親に決めなければなりません。

統計上、親権者は約9割が母親で、約1割が父親になるそうです。

ネットで親権について調べると、『父親が親権を取るにはどうしたらいいか!』という情報がたくさんあります。

養育費について書かれているものは、当然のように母親が請求する側として書かれています。

このように、どこか、『母親が親権者になるのが当然』むしろ、『母親が子供を見捨てるなんて有り得ない』というような風潮にさえ感じてしまいます。

もちろん、さまざまな研究でも、幼い子供は母親と暮らす方がよいとされていますが…。

実は、母親より、父親が親権者に相応しいケースも少なくありません。

ただ、上記のような背景から、母親が親権者でないと、『この母親は異常だ…』と思われてしまう、という悩みをお持ちの方もいます。

このページでは、父親が親権を持つことについて書きたいと思います。

※父親と母親で親権を奪い合うケースの話ではありません

どんな理由で、父親が親権を持つことになったのか

経験上、父親が親権者となるケースで多いのは、父親が親権を希望し、父親の家族(親や兄弟)が面倒を見られる環境である場合です。

やはり、母親にしろ、父親にしろ、ひとりで働きながら育てることは大変でしょう。無理ではありませんが、父親の実家で、いつも家にいる祖父母と暮らす方が安心、という場合もあるかもしれません。

また、精神的な事情により、父親が親権者になるケースも多いようです。うつ病は、男性より女性の方が約2倍も多いそうです。特に、離婚の原因が男性に多いこと、産後うつ、育児ノイローゼなど、小さい子供を育てながら離婚に悩む母親には、本当に辛い状況が考えられます。

実際、夫の不倫に悩み、眠れなくなってしまった母親が、心療内科に通うことになり、そのことを理由に『そんな人間に子供を育てることは出来ない』と父親が親権者になったという話を聞きました。信じがたいことですが、そう珍しくはないのかもしれません。

そして、経済的な事情により、父親に親権を譲った方もいます。

いくら養育費を受け取る権利があると言っても、養育費を受けとれている割合が2割未満、ということを考えれば、現実的に養育費が貰えるかは分かりません。離婚する夫がどんな人間かを知っているからこそ、悲観的になるかもしれません。

『フルタイムで働いても、子供を不自由なく育てられるのか?父親といた方が、少なくともお金では困らないのでは?』とお悩みの方もいます。

子供と暮らさない母親はどういう目で見られるのか

子供と暮らさない母親がどんな苦労をしているのか、まとめてみました。

・不倫したり、離婚の原因を作ったと思われる

『子供はいるけど父親が育てています、と言うと、不倫でもしたの?と言われることがあります』と笑って話してくれた方がいました。実際にどんな事情があったとしても、やはり母親がなにか悪いことをした、と思われることがあるそうです。

・父親が親権=母親が虐待したのでは?という先入観

不貞を疑われることと同様に、虐待などを疑われることもあるようです。父親が親権者になった理由として、母親の虐待が調査結果にありますし、シングルマザーの虐待がニュースとして多く取り上げられることも影響しているかもしれません。当たり前ですが、父親が親権=母親が虐待した、というわけではありません。それでも、そんな先入観を持っている人もいるようです…。

・子供が可哀想!という善意の攻撃

やっかいなのが、理由も知らず、「子供が可哀想!子供は母親と暮らすのが幸せに決まっている!私には絶対に考えられない!子供と離れて暮らすなんて信じられない!子供を見捨てるなんて母親失格!」という、善意の攻撃です。その人がどう思うか別として、世の中にはどうしようもないこと、理不尽なことがたくさんあります。泣く泣く親権を父親に任せた方もいるのです。そして、そうした事情は、簡単に他人に話せることではありません。いちいち、説明するのも無意味ですし。言い訳はしないけれど、やっぱり傷つくそうです。

それは、子供の幸せを一番に考えた結果なだけ

絶対に母親が育てられないときにだけ、仕方なく親権は父親に…というわけではありません。

理由なんて無くてもいいのです。

それが、子供にとって一番、幸せになれる選択なのであれば。

母親が働くことが好きで、父親が子育てに向いていたので、母親はいっぱい稼いで養育費をたくさん支払う、でもいいでしょう。

夫の実家に近くに住んでいて、中学生の子供が転校したくないので、夫の実家で暮らしたいので父親が親権者に、という方もいました。

子供にとっての幸せは、誰に育てられるか、ではなく、住む場所の場合もあるのです。

子供の年齢や状況によって、なにが子供の幸せなのかは分かりません。

『親権は私が!』と思う前に、『子供が望む幸せはなにか?』を考えることが、最も重要なのです。

当事務所として、お手伝いできること

少し述べたように、離婚のときは、かなり精神的に辛く、正常な判断ができないことがあります。そして、自分では大丈夫、と思っていても、後から考えると、ぜんぜん大丈夫じゃなかった、ということがあります。

まずは、適切な相手に、必ず相談してください。ただ、『子供は母親が育てる以外には有り得ない』、という考えの方もいますので、しっかり相談する人を見極めてください。

そして、もし、父親が親権者になる場合は、子供との面会について、しっかり公正証書で約束を残しましょう。ケンカ別れのようになにも書面に残さないと、面会できずに子供にとっても悲しいことになるかもしれません。

逆に、自分が育てると決めたのなら、養育費について、公正証書を作成しましょう。

どうせ払ってくれないから!自分ひとり育ててみせる!あんな男には頼りたくない!一切の関係を絶ちたい!と短絡的に決めて、困るのは母親ではなく、子供です。養育費は、子供の権利です。

親権のこと、養育費のこと、離婚協議書のこと、どんなことでご相談に応じますので、お気軽にご相談くださいね。

TOPへTOPへ