「理想の夫婦」にはほぼなれない?

「理想の夫婦」にはほぼなれない?

「理想の夫婦」はひとそれぞれで、夫婦によって違いますし、

夫婦同士でも違うイメージをしているかもしれません。

 

ある大学の調査で、洗濯を「夫も一緒に行う」と答えた割合は6%弱で、

フィンランドなど12カ国中、最低だったそうです。

ちなみに韓国よりも低いそうです。

 

洗濯に限らず、日本人男性は海外に比べて家事を手伝わない傾向にあります。

もちろん、昔と比べると格段に家事をする男性が増えましたが、

それでもまだまだ低いようです。

 

もし、「夫婦の理想」が、「家事を公平に分担する」だとしたら、

その理想が実現した場合、夫婦全体からすると、かなり少数派だといえます。

 

そして、理想と現実にギャップが多いほど、離婚のリスクは高まります。

むしろ、最初から「俺は絶対に家事はしない!」と結婚前に宣言されたほうが

「離婚」のリスクは下がるかもしれません。

(結婚もしないかもしれませんが)

 

もし、「結婚前の約束と違う!」と思うことがあれば、

「他の夫婦も似たようなもの」ということを覚えておくと、いいかもしれません。

NEXT

事実婚や同性婚、期限付きの結婚も!?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ