再婚は男性が圧倒的に多い

再婚の件数は男性が圧倒的に多い

札幌市が公表している結婚に関する統計からです。

まずは、下表をご覧ください。

年次 婚姻件数 百分率
総数 夫妻とも
初婚
夫初婚
妻再婚
夫再婚
妻初婚
夫妻とも
再婚
総数 夫妻とも
初婚
夫初婚
妻再婚
夫再婚
妻初婚
夫妻とも
再婚
1993年 13,263 10,053 802 1,165 1,243 100.0 75.8 6.0 8.8 9.4
2011年 10,576 7,448 776 1,201 1,151 100.0 70.4 7.3 11.4 10.9

2011年は、「夫初婚&妻再婚」に比べ、「夫再婚&妻初婚」は

55%も多いことが分かります。

つまり、男性の方が圧倒的に再婚する可能性が高い、ということです。

この「夫再婚&妻初婚」の割合は、「夫婦とも再婚」より高いのです。

納得でしょうか?意外でしょうか?

 

これは、親権の多くが母親となること、養育費を受け取っている割合が

2割しかないこと、母子家庭の収入が一般の家庭よりかなり低いこと、

とも密接に関係しているようの思います。

つまり、かなり御幣がある言い方ですが・・・

・シングルマザーは養育費も貰えず、収入が低く、再婚しない人が多い

・バツあり男性は養育費を払わず、収入は平均的で、再婚する人が多い

ということになるのかもしれません。

もちろん、かなり悪意のある言い方です。

ただ、さまざまな統計を知ると、上記のようにも言えるのです。

 

ちなみに、札幌市の2011年の離婚件数は、4643件です。

結婚の件数が10576件ですので、ざっくり考えると44%が離婚している?

といえるかもしれません。

 NEXT

理想の夫婦」にはほぼなれない?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ