財産分与の相場ってどのくらい?

財産分与の相場ってどのくらい?

以前、慰謝料の相場について書きましたが、今回は財産分与の相場についてです。

 

財産分与とは、結婚したあとに増えた財産を分けることです。

専業主婦であったとしても、基本的には半分がもらえます。

 

対象は貯金だけでなく、車や家をお金に換算して計算します。

他にも、生命保険、退職金、企業年金なども考えられます。

遺産などは含まれません。

※ローンの残っているマイホームは難しいです…。

 

では、実際に、どのくらいの金額を財産分与として受け取っているのでしょうか??

それは裁判所のホームページより検索できます。

 

平成25年のデータを抽出してみました。

  0-100万円 100-200 200-400 400-600 600-1000 1000-2000 2000-
1年以上2年未満 186 39 21 5 4 4 0
10年以上11年未満 87 41 60 27 29 18 3

※表の数値は件数(人数)

 

結婚1年~2年で離婚した場合、7割以上が100万円未満しか貰っていません。

逆に、結婚10年以上であれば、約3割が400万円以上、受け取っているようです。

 

しかし、これは調停を起こした場合のみのデータですので、

財産分与を無しで協議離婚している方も大勢いますので、

実際の平均はもっと低いと考えられます。

子供名義の通帳は??

子供の名義になっている預金通帳のお金は、財産分与の対象となるでしょうか?

それとも、子供のものとして、親権者が子供のために管理するでしょうか?

基本的には、子供のために貯金していたお金も学資資金も、財産分与の対象になります。

しかし、これはとても杓子定規に考えた場合です。

子供のためのお金は、親権者が管理することの方が多い気がします。

いつの時点から計算する??

別居から離婚成立まで時間が空いた場合、

どの時点での財産を対象とするでしょうか??

一般的には、離婚前であれば、別居を開始したときで考えるようです。

財産分与は、実は難しいものです。

財産がないと思っていても、意外なものに価値があったりします。

まずは専門家へ相談してみましょう。

  

NEXT

別居後の浮気は、浮気にならない!?

HOME

離婚について知っておくべき100のこと

TOPへTOPへ